法務の求人で未経験者はどうなのか?

法務業務の仕事と言えば、何がともあれ、知識と経験が物をいうと考えられます。

法律に関する知識は経験者、未経験者それぞれの努力によってレベルが異なるかもしれませんが、経験に関しては、やはり少なければ、その分知識の応用は利かないし、経験によって得られる知識は断然に少ない訳ですから、ケースバイケースなどの臨機応変な対応は難しいと考えられます。

近年、日本ではコンプライアンスに関して厳しい意見も多く聞かれる様になってきたことから、特に企業法務としてコンプライアンスに関する法務担当者というのが需要がある状況にあります。

しかしながら、どんなに知識があって自信があるといっても、求人情報には経験者でることというのが応募資格であることがほとんどなのです。

様々な仕事がありますが、その多くの求人では未経験者歓迎という様な文字も多く見られますが、この法務関連に関する仕事については、業界問わず経験者が求められているという事が大様にあります。

企業としては即戦力を求めていること、法務を安心して任せられるということが基準になっているからだと考えられます。

しかし、法務関連の仕事をしたいと懸命に勉強している学生が今後もどんどんと現れることは事実であり、日本の未来の人事財産としても、法務担当者のスペシャリストを育てていかなくてはなりません。

ですから、法務関連の求人として件数は少ないとしても、当然ながら法務未経験者にもチャンスはあると言う事です。

未経験者の求人をどのように探せばいいのかといえば、法務に関する求人サイトなどで、検索してみると、中には未経験OKと募集している企業もあります。

企業の中には、経験豊富で色が決まっているベテランよりも、色の染まっていない新人を自分の会社とともに法務担当者を育てていくという様な考えを持って採用しているところもあるのです。

数少ない未経験者の求人の応募で仕事を勝ち取るには、他の人にない自分を雇ってくれた場合のメリットがどんなものか、自分のアピールできることなどを明確にしておく事が重要でしょう。

例えば、英語や中国語などの語学力がある、海外の企業法務などにも詳しい、他、多く需要のあるコンプライアンスに関連する業務においてビジネス法務検定などを取得しておくと、一定の知識を持っているというアピールにもなるので良いかもしれません。

未経験だから、何も無くてよいというのではなく、自分を売り込むことのできる自信というのも大切な事だと思います。