商事法務としての役割

企業法務とは企業において、様々な法律に関する事務のことを指しますが、これを担う人は弁護士他、法律に携わった弁護士事務所の事務経験者であることが必須です。

企業法務には、大きく分けると、臨床法務、戦略法務、予防法務などがそれに当てはまりますが、更に細かく分類して、商事法務や国際商事法務といって、株主総会や取締役会の商事法務スタッフとしての役割があります。

Continue reading »